GM、米スーパーボウルCMから撤退…「広告費が高すぎる」

自動車 ビジネス 企業動向
2012年のスーパーボウル中継で放映されたシボレー ソニックのCM
  • 2012年のスーパーボウル中継で放映されたシボレー ソニックのCM
  • 1シリーズMクーペを起用したBMWの米スーパーボウルCM
  • クリント・イーストウッドを起用したクライスラーグループの米スーパーボウルCM(動画キャプチャー)
  • アウディS7の米スーパーボウルCM
  • トヨタ カムリの米国スーパーボウルCM
  • シボレー ソニックの米スーパーボウルCM
  • フォルクスワーゲンのスーパーボウルCMはザ・ビートルをフィーチャー
  • 新型レクサスGSの米スーパーボウルCM(動画キャプチャー)
Facebook(フェイスブック)での広告を中止すると表明した米国最大の自動車メーカー、GM。同社が今度は、米国で最も高い視聴率を誇るNFL(ナショナルフットボールリーグ)の優勝決定戦、「スーパーボウル」のテレビCMを打ち切ると発表した。

これは18日、GMが出した声明の中で明らかになったもの。この声明において、GMのマーケティング責任者、Joel Ewanick氏は、「スーパーボウルのテレビCMが高い宣伝効果を持つのは理解している。しかし、広告費の大幅値上げにより、GMはこれ以上、スーパーボウルのテレビCMを行わないことを決めた」と述べたのだ。

これにより、GMは2013年2月のスーパーボウルのテレビ中継において、CM放映から撤退することが確定。Facebookに続く同社の広告戦略の見直しとして、注目できる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集