NKSJの中間期業績見通し…最終赤字333億円、従来予想は損益ゼロ

自動車 ビジネス 企業動向
NKSJホールディングスは、2011年4〜9月期の連結最終損益が333億円の赤字になったもようと発表した。従来予想は損益ゼロだった。

4〜6月期に60億円だった有価証券評価損が7〜9月期には595億円に拡大したうえ、自然災害による保険金の支払いが当初見込みを上回ったことが下方修正の主な要因としている。前年同期の最終損益は241億円の黒字。

グループの主力である損害保険ジャパンの4〜9月期最終損益は104億円の赤字(前年同期は183億円の黒字)、日本興亜損害保険は73億円の黒字(同131億円黒字)の見込みという。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

  • NKSJの第1四半期決算…純利益は10%減の120億円 画像 NKSJの第1四半期決算…純利益は10%減の120億円
  • 損保ジャパンと日本興亜損保の本社機能統合へ…NKSJ新中期経営計画 画像 損保ジャパンと日本興亜損保の本社機能統合へ…NKSJ新中期経営計画
  • 震度6強以上で保険金---損保ジャパンが「地震補償保険」発売へ 画像 震度6強以上で保険金---損保ジャパンが「地震補償保険」発売へ
  • [技とテクノの融合展]雪道脱出具、タイヤの下に入れるだけ---紙 画像 [技とテクノの融合展]雪道脱出具、タイヤの下に入れるだけ---紙

特集

おすすめのニュース