住友金属、新日鉄の株価下落で797億円の特別損失

自動車 ビジネス 企業動向
住友金属工業は、2011年7〜9月期に保有する新日鉄の株式の評価損797億6100万円を計上すると発表した。

住金は新日鉄と株式を相互保有しているが、新日鉄の株価が大幅に下落したことから、住金は減損処理による投資有価証券評価損を計上する必要に迫られている。

評価損は特別損失として計上する予定。当期純利益への影響は480億円の減益影響がある見通し。その他の有価証券の評価差で400億円の増益が見込まれるため、純資産への影響は前期末と比べて80億円減少する見込み。

業績見通しへの影響は現在精査中としている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 【新日鉄・住金合併】グローバル生産は年最大7000万t目指す 画像 【新日鉄・住金合併】グローバル生産は年最大7000万t目指す
  • 【新日鉄・住金合併】3年後に統合効果、年間1500億円 画像 【新日鉄・住金合併】3年後に統合効果、年間1500億円
  • SBI損保、自動車保険を改定…臨時代替自動車補償特約廃止 画像 SBI損保、自動車保険を改定…臨時代替自動車補償特約廃止
  • 住友ゴム中間期決算…震災などで特損、当期利益が14%減益 画像 住友ゴム中間期決算…震災などで特損、当期利益が14%減益

特集