クルマから転落の女性、トラックにはねられ即死

自動車 社会 社会

3日午前4時45分ごろ、秋田県大館市内の国道7号で、走行中の乗用車から転落した30〜40歳代とみられる女性が、後ろから進行してきた大型トラックにはねられる事故が起きた。女性は即死。警察では身元の特定を進めている。

秋田県警・大館署によると、現場は大館市立花字立花付近で片側1車線の緩やかなカーブ。クルマは下り線を大館市方向に進行していたが、後部座席に同乗していた女性が何らかの原因で左側ドアを開放。そのまま車外へ転落した。

女性は路上に転落。倒れこんでいたところ、前から進行してきた大型トラックにはねられ、頭部損傷が原因で即死した。警察ではトラックを運転していた35歳の男性から自動車運転過失致死容疑で事情を聞いている。

死亡した女性は20歳代の女性が運転するクルマに同乗。当時、後部座席には運転者の知人にあたる男性も同乗していたという。後部座席の2人は酒に酔っていたとみられる。調べに対して男性は「気がついたら落ちていた。Uターンして探しに行ったが、目の前ではねられた」などと話しているようだ。女性の身元ははっきりしておらず、警察で事故発生の経緯を含め、さらに調べを進めている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集