首都高 大黒ふ頭PA、マックからポッカへ

自動車 ビジネス 企業動向

首都高速湾岸線大黒ふ頭PA(パーキングエリア)スカイテリア内のテナントが、マクドナルドから缶コーヒーなどの飲料メーカー「ポッカコーポレーション」(堀雅寿社長)のグループ企業にかわった。

現在は「ポッカクリエイト」(新宿区・飯沼浩社長)が展開するカフェチェーン「カフェ・ド・クリエ」が出店。沖縄発で人気を集める「ブルーシールアイスクリーム」や「ポッカ・ザ・キッチン」のハンバーガーメニューなどを揃えて、12月22日から営業を始めている。

クリエは全国で約150店、関東では101店を出店するが、首都高速道路上では初めて。高速道路では名神高速道路養老サービスエリアの上下線の2店に続き、3店目。

ブルーシールアイスクリームは沖縄県浦添市に本社がある「フォーモストブルーシール」が製造するが、ポッカが96年に買収し、沖縄県外にも出店するようになった。「ポッカ・ザ・キッチン」もポッカクリエイトが展開する。フードコート型のセルフショップとして、クリエのレギュラーメニューに、広がりを持たせた。

スカイテリアは大黒ふ頭PAの3階にあり、港を臨むビュースポットとしても有名。この場所には1996年11月からマクドナルドが同社2000店目の大黒ふ頭店を出店していた。

営業時間は午前7時から午後9時まで。テナントの交替でスカイテリア3階での24時間営業はなくなったが、1階の軽食コーナーは引き続き24時間営業を続ける。

全席禁煙で88席。スカイテリアを運営する「ゴールデンサービス」がフランチャイズ加盟店となった。
《中島みなみ》

編集部おすすめのニュース

特集