エンタメコンテンツ会社「TSUTAYA GALAPAGOS」設立へ

自動車 ビジネス 国内マーケット

GALAPAGOS SoftBank 005SH(シャープ製) GALAPAGOS SoftBank 005SH(シャープ製)
  • GALAPAGOS SoftBank 005SH(シャープ製) GALAPAGOS SoftBank 005SH(シャープ製)
  • 電子書籍対応の専用タブレット「GALAPAGOS」(左は5.5型、右は10.8型) 電子書籍対応の専用タブレット「GALAPAGOS」(左は5.5型、右は10.8型)
  • 「GALAPAGOS」(ガラパゴス)ロゴ 「GALAPAGOS」(ガラパゴス)ロゴ
 カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)とシャープは19日、メディアタブレット「GALAPAGOS(ガラパゴス)」やシャープ製スマートフォン向けにエンタメ系コンテンツサービスの運営等を行う合弁会社を設立することで合意した。

 合弁会社の名称は「TSUTAYA GALAPAGOS」で、新聞、雑誌、映像や音楽などのエンターテインメント系電子コンテンツの配信および販売を行う。なおシャープ製スマートフォンへの対応は、2011年春からとなる予定。

 資本金は1億円で12月1日に設立する。出資比率はCCC51%、シャープ49%。会社所在地は東京都渋谷区。代表取締役社長は中村利江氏が務める。


 

CCCとシャープ、エンタメコンテンツ会社「TSUTAYA GALAPAGOS」を共同設立

《冨岡晶@RBBTODAY》

編集部おすすめのニュース

特集