2014年までにAndroidとSymbianが約6割 米社予測

自動車 ビジネス 国内マーケット
OSシェア OSシェア
  • OSシェア OSシェア
  • Galaxy Galaxy
  • Windows Phone 7 Windows Phone 7
 米ガートナーは10日(現地時間)、携帯端末のOSは2014年までにシンビアン(Symbian)とAndroidが59.8%を占めるようになるとの予測をまとめた。

 Symbianはノキア端末のボリュームと低価格路線を打ち出すことでトップを走るが、Androidが台頭し、同規模のシェアを占めるようになるだろうとしている。

 2010年のうちにAndroid搭載スマートフォンのシェアがSymbianに次ぐ第2位となるが、これがはガートナーが予測したよりも2年早い動きだという。

 ガートナーのアナリストであるRoberta Cozza氏は「ワールドワイドのモバイルOSマーケットは、Symbian、Android、RIM、iOSに独占されている。iOS 4やBlackberry OS 6、Symbian 3/4、Windows Phone 7のようなOSのアップデートは2010年の第2四半期および2011年のスマートフォン市場を成長させる結果となるだろう。しかし、(将来的には)2~3のOSプロバイダーに絞られることになる」とコメントしている。

2014年までにAndroidとSymbianが市場の約6割を占める

《RBB TODAY@RBBTODAY》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

おすすめのニュース