八千代工業の第1四半期決算…ホンダ向け好調、見通しも上方修正

自動車 ビジネス 企業動向
アクティ・トラック。八千代が組み立て。増産
  • アクティ・トラック。八千代が組み立て。増産
  • ゼスト。八千代が組み立て。増産
八千代工業が発表した2010年4〜6月期(第1四半期)の連結決算は、営業利益が20億6000万円と黒字に転換した。

売上高は前年同期比45.6%増の795億0500万円と大幅増収となった。ホンダ向けの自動車部品と軽自動車の受託生産台数が大幅に増加したため。

収益では売上げ増に伴う原価低減効果などから経常利益は19億1100万円と黒字となった。当期純利益も8億1800万円と黒字転換した。

通期業績見通しは、機種構成変化で高付加価値商品の割合が増加する見通しとなったため、上方修正した。売上高は3100億円で据え置いたものの、営業利益は前回予想から6億円増の61億円、経常利益は5億円増の55億円になる見通し。最終利益も16億円を予想していたが22億円となる見込み。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • ホンダのアジア・中国生産が過去最高…2010年上半期実績 画像 ホンダのアジア・中国生産が過去最高…2010年上半期実績
  • ホンダ、鈴鹿で軽自動車を生産---次世代技術を構築へ 画像 ホンダ、鈴鹿で軽自動車を生産---次世代技術を構築へ
  • 八千代工業3月期決算、最終赤字42億円 画像 八千代工業3月期決算、最終赤字42億円
  • 八千代工業、高圧密閉樹脂製燃料タンクなど出展予定…東京モーターショー2019 画像 八千代工業、高圧密閉樹脂製燃料タンクなど出展予定…東京モーターショー2019

特集

おすすめのニュース