東海ゴム3月期決算…事業構造改革などで大幅増益

自動車 ビジネス 企業動向
東海ゴム工業が発表した2010年3月期の連結決算は、最終利益が前年同期比213.7%増の35億7900万円と大幅増益となった。

売上高は同14.7%減の2341億3100万円と減収だった。自動車生産台数の減少の影響でゴム製品の受注減少などが影響した。

損益では、グローバル規模での生産体制を最適化するための事業構造改革や総原価低減活動の効果などから営業利益が同77.6%増の93億1400万円、経常利益が同73.3%増の93億1400万円となった。

今期の業績見通しは売上高が同2.5%増の2400億円、営業利益が同6.5%増の115億円、経常利益が同28.8%増の120億円、最終利益が同95.6%増の70億円となる見通し。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • トヨタの新美副社長「日本の生産体制を5-6年かけて再構築」 画像 トヨタの新美副社長「日本の生産体制を5-6年かけて再構築」
  • 横浜ゴム、工業品の国内販売部門・販売会社を統合 画像 横浜ゴム、工業品の国内販売部門・販売会社を統合
  • 住友ゴム1-3月期決算…営業利益97億円 国内自動車生産が好調 画像 住友ゴム1-3月期決算…営業利益97億円 国内自動車生産が好調

特集