日本特殊陶業、通期業績見通しを上方修正

自動車 ビジネス 企業動向
日本特殊陶業は、2010年3月期の通期連結決算業績見通しを修正した。

最終利益は65億円を予想していたが115億円となる見通し。繰延税金資産の回収可能性を検討した結果、予想以上に回収できる見通しとなったため。

売上高2430億円、営業利益100億円、経常利益95億円は前回予想を据え置いた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース