商船三井、自己再生型DPFの実証実験に成功

自動車 ビジネス 企業動向
商船三井は、赤阪鐵工所と共同で、C重油を使用する舶用ディーゼル機関の排ガス脱塵処理装置(DPF)を開発した。

粒子状物質(PM)の除去を目的としたDPFで、内航フェリーディーゼル主機関への搭載実証試験では、PMを80%以上除去した。C重油を燃料とする舶用大型ディーゼル主機関で、自己再生型DPFの船上実証試験を成功したのは世界で初めて。

同社では今回の試験成功を受けて改良を継続、大型外航船舶のディーゼル主機関・補助機関への実用化を目指す。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース