【チャレンジ三宅島09】 往復5000円でバイクと共に海を渡ろう

自動車 社会 行政

【チャレンジ三宅島09】 往復5000円でバイクと共に海を渡ろう
  • 【チャレンジ三宅島09】 往復5000円でバイクと共に海を渡ろう
  • 【チャレンジ三宅島09】 往復5000円でバイクと共に海を渡ろう
「WERIDE チャレンジ三宅島'09 モーターサイクルフェスティバル」(NPO法人三宅島スポーツ振興会/三宅村主催)には、オートバイを持参した参加もできる。排気量無制限で三宅島にオートバイが持ち込めるのは、フェスティバル期間中の年に1度だけだ。しかも、今回はこの輸送費が、どんな排気量でも5000円(貨物海上保険込)と格安になった。

東京から直接三宅島に渡るには、全日空が運行する飛行機と東海汽船が運航する船を使う2つの方法がある。ただ、羽田 - 三宅島間を飛ぶのは座席数56席のプロペラ機(ボンバルディア「DHC8-Q300」型)で、原付バイクを積む余裕すらない。

東海汽船はさるびあ丸(4900t)やかめりあ丸(3700t)を就航させているが、フェリーでなく客船のため、通常、積み込めるオートバイは排気量250cc未満まで。料金は2070円(50cc未満) - 6210円(250cc未満)だった。これをフェスティバル期間中は、コンテナに積み、一括して運ぶ。

過去2回フェスティバルでは、特別なコンテナ輸送のため、排気量を問わず1台3万円の輸送料が必要だった。オフィシャルツアーなみの高額料金で、モーターサイクルフェスティバルといいつつ、オートバイに乗れないイベントと言われたゆえんだ。

しかし、今回は“見る”から島内観光をオートバイで“体験する”フェスティバルに変貌。オートバイ持ち込みで楽しみやすい料金体系に変わった。かつては公道レースをと考えられた海沿いの道路だが、レースがなくてもツーリングできる。今年のフェスティバルの大きな目玉のひとつだ。

希望者はオフィシャルツアー参加と同時に申し込み、フェイスティバル開催の1週間前に都内保管所に車両を持ち込む。
《中島みなみ》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集