JOMO、夏休み全国ぬりえコンテスト優秀作品を決定

自動車 社会 行政

ジャパンエナジーは、7月18日から8月31日まで実施した「第4回JOMO夏休み全国ぬりえコンテスト」の応募総数1万1576作品の中から、優秀作品260作品を決定した。

JOMO夏休み全国ぬりえコンテストは、家族で楽しんでもらえる雰囲気づくりを目的として企画したもの。サービスステーションへの来店も促進する。

具体的には、JOMOステーション店頭に用意した「コンテスト専用ぬりえ」に色をぬって応募してもらい、作品を店内に掲出するとともに、優秀作品を選出のうえ、金賞から銅賞までの賞を授与するというもの。

「幼稚園児以下の部」、「小学生低学年の部」、「小学生高学年の部」、「一般の部」を設けて各部門で優秀な作品を表彰しており、優秀作品の選考は、西巻茅子先生(絵本作家)、金子マサ先生(ぬりえ美術館館長)、佐治俊克先生(イラストレーター)の3名により、審査が行われた。

優秀作品や作者については、同社ウェブサイトで閲覧することができる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集