住友商事など、中国で風力発電所を運転開始

自動車 ビジネス 企業動向

住友商事など、中国で風力発電所を運転開始
  • 住友商事など、中国で風力発電所を運転開始
  • 住友商事など、中国で風力発電所を運転開始
住友商事、中国住友商事、住友商事九州は、中国五大発電会社の一つである中国大唐、九州電力と共同で、中国の内蒙古自治区赤峰市に建設していた風力発電所の風車全基の据え付け・試運転が完了し、本格商業運転を開始したと9月24日発表した。

事業主体である大唐中日(赤峰)新能源は、住友商事グループが20%、大唐集団が51%、九州電力が29%を出資して、2007年11月に設立した。中国で初の日中共同風力発電事業で、アジア開発銀行や中国工商銀行の融資を受けて開発した。

事業期間は会社設立から25年で、発電所設備容量は5万kW。草原地帯に単機容量2000kWのVESTAS製風車25基を設置し、年間発電量は約1.3億kWhを見込んでいる。

発電された電力は、中国再生可能エネルギー法に基づいて、全量を国有送電会社の東北電網へ販売する予定。さらに、CDM事業(クリーン開発メカニズム)として年間15万tのCO2排出量削減効果を見込んでいる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集