帝国ピストン、通期業績見通しを上方修正…コスト低減効果

自動車 ビジネス 企業動向

帝国ピストンリングは、2010年3月期の通期連結業績見通しを上方修正した。

売上高は420億円と前回予想を据え置いたが、営業損益は14億円の赤字から7億円の赤字に赤字幅を縮小する見通しに上方修正した。コスト低減効果が予想を大幅に上回るほか、海外市場での自動車販売需要の回復で現地子会社の業績が改善する見通しとなったため。

経常損益も6億円の赤字から3億円の黒字に修正した。最終損益は16億円の赤字を予想していたが11億円の赤字になる見通し。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集