昭和シェル、ガソリン卸価格を据え置き

自動車 ビジネス 企業動向

昭和シェル石油は10日、9月12 - 18日までの石油製品の卸価格の油種別改定幅を発表した。
 
ガソリンの卸価格は、前の週と比べて据え置きとする。原油調達コストが下落しているほか、為替水準も円高ドル安で推移しているため。
 
軽油の卸価格は、1リットル当たり0.5円引き上げる。灯油は据え置きとする。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集