【スーパー耐久 第6戦】決勝…Z4M 1号車ポールtoウィン、王座が見えてきた

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

【スーパー耐久 第6戦】決勝…Z4M 1号車ポールtoウィン、王座が見えてきた
  • 【スーパー耐久 第6戦】決勝…Z4M 1号車ポールtoウィン、王座が見えてきた
  • 【スーパー耐久 第6戦】決勝…Z4M 1号車ポールtoウィン、王座が見えてきた
  • 【スーパー耐久 第6戦】決勝…Z4M 1号車ポールtoウィン、王座が見えてきた
  • 【スーパー耐久 第6戦】決勝…Z4M 1号車ポールtoウィン、王座が見えてきた
  • 【スーパー耐久 第6戦】決勝…Z4M 1号車ポールtoウィン、王座が見えてきた
  • 【スーパー耐久 第6戦】決勝…Z4M 1号車ポールtoウィン、王座が見えてきた
  • 【スーパー耐久 第6戦】決勝…Z4M 1号車ポールtoウィン、王座が見えてきた
スーパー耐久シリーズの第6戦が、9月6日に岡山国際サーキットで開催された。総合優勝は、ST-1クラスの谷口信輝/柳田真孝/ファリーク・ハイルマン組の1号車「PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE」。ST-2クラスは阪口良平/谷口行規組の20号車「RSオガワ ユークスADVANランサー」、ST-3クラスは伊橋勲/廣田秀機/行方由久組の27号車「FINA ADVAN M3」、ST-4クラスは浅野武夫/森正行/岡野陽朋組の18号車「M'sインターナショナルコスモソニックFK ings DC5」がそれぞれ優勝している。

もはやおなじみとなった2台のBMW『Z4M』のフロントローで、決勝はスタート。ホールショットは、ポールをゲットした谷口の1号車が奪う。それを、チームメイトの片岡達也が操る28号車(Bドライバーは吉田広樹、Cドライバーはジョハン・アズミ)が追い、2台がほかをおいてマッチレースの展開となっていく。3位以下では、2台の日産『フェアレディZ』とポルシェの激しいつば競り合いが行われ、序盤のハイライトとなった。

3位以下のバトルが続く中、2台のZ4Mはさらに差を広げていく。ランキング上は1号車が前戦終了時点で10点リードとしているため、ここでは何とかして優勝して差を縮めたい28号車。そのため、2人目の吉田からアンカーのアズミへの交代の際に、タイヤ無交換作戦で賭に出る。それが功を奏し、1号車の前出ることに成功するが、1号車のアンカーがSUPER GTのGT500クラスの経験もある柳田だったのが誤算だった。アズミは柳田の攻めに耐えられず、交代して7周目で、トップの座から陥落してしまう。そのまま柳田は1号車をゴールまで難なく運び、ポールtoウィン、今期4勝目を挙げた。

これで1号車は、2位の28号車に対して16点差とし、09年王者に大きく近づいた。第7戦で28号車よりも9点以上多く加算することができれば、最終戦を待たずして09年王座の決定となる。既に28号車には自力優勝の目がない状態だが、残り2戦は20%増しのポイントが与えられるルールのため、まだまだ28号車にも逆転の可能性は残されている。28号車が残り2戦でフルマークの50点を獲得したとき、もし1号車がどちらか1戦で3位以下となれば逆転で28号車の王座となる。

また、63点で3位の10号車「Y.K.M. ADVAN Z」(田中哲也/横溝直輝/佐藤公哉組)、38点で4位の360号車「Kosei.R・P・GT3」(松永まさひろ/岡村和義/田中篤組)まで王座獲得の権利がある状態だ。残りの3クラスも今年は得点が競っている状況で、どこも最終戦までもつれ込みそうな雰囲気となっている。

次回第7戦は、10月11日に宮城県仙台ランドレースウェイで開催。
《デイビー日高》

編集部おすすめのニュース

特集