一時停止無視で2方向からのクルマと衝突、飲酒運転の男逮捕

自動車 社会 社会

5日未明、山梨県甲府市内の市道で、交差点を右折しようとしていた乗用車が、クルマ2台と相次いで衝突する事故が起きた。右折車を運転していた27歳の男から酒気帯び相当量のアルコール分を検出。警察は飲酒運転の現行犯で逮捕している。

山梨県警・甲府署によると、事故が起きたのは5日の午前2時ごろ。甲府市徳行(N35.38/E138.32)付近の市道で、交差点を右折しようとしていた乗用車と、対向車線側を直進してきた乗用車が衝突。交差点中央部で立ち往生した2台に対し、交差道路を左方向から進行してきた乗用車が衝突。クルマ3台が関係する多重衝突に発展した。

この事故で直進側と、交差道路側のクルマを運転していた男性2人が打撲などの軽傷を負った。右折側のクルマを運転していた同市に在住する27歳の男からは酒気帯び相当量のアルコール分を検出しており、警察は自動車運転過失傷害と道路交通法違反(酒気帯び運転)の現行犯で逮捕している。

現場は信号機の設置された交差点。逮捕された男の側は赤点滅だったという。一時停止せず、そのまま交差点に突っ込んだとみられる。調べに対して男は「甲府市内で友人らと酒を飲み、帰宅する途中だった」などと供述しており、警察は飲酒した場所や量の特定を進めている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集