昭和シェル、太陽電池工場を宮崎県に新設---年産1ギガワットへ

自動車 ビジネス 企業動向

昭和シェル石油は、100%子会社である昭和シェルソーラーとともに、2011年の稼働開始を目指し、CIS太陽電池の第3工場を宮崎県に建設することを決定した。

太陽電池市場は、世界が低炭素社会の実現に向けた動きを加速させる中、日本政府の住宅向け太陽光発電システム導入補助金制度拡充や米国でのグリーンニュ−ディ−ル政策などの追い風を受け、大幅な拡大が見込まれている。

今回立地を決定した工場の年産規模は900MW、投資金額は約1000億円の予定。現在稼働している第1、第2工場と合わせると、約1ギガワット(1000メガワット)の年産能力を確立する。工場の建設では、宮崎県東諸県郡国富町に所在する日立プラズマディスプレイの宮崎工場を購入した上で、太陽電池製造装置を設置し、早期の立ち上げる。

販売は、住宅用、産業用、大規模発電用などあらゆる用途向けに日本のマーケットに積極的に注力しながらグローバルに展開する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集