積荷に挟まれて運転者死亡 追突の大型トレーラー

自動車 社会 社会

2日未明、静岡県浜松市南区内の国道1号バイパスで、前走車に従って減速した大型トラックに対し、後続の大型トレーラーが追突する事故が起きた。この事故でトレーラーを運転していた男性が前進してきた自車の積荷に挟まれて死亡している。

静岡県警・浜松東署によると、事故が起きたのは2日の午前1時50分ごろ。浜松市南区小沢渡町(N34.40/E137.40)付近の国道1号バイパスで、前走車に追従するかたちで減速した大型トラックに対し、後続の大型トレーラーが追突した。

トレーラーはほとんど減速しないまま追突。荷台(トレーラー部)に積載されていた鉄骨を拘束していたワイヤーが切れ、運転席部分は前進してきた鉄骨に押し潰されるようにして大破。運転していた愛知県岩倉市内に在住する53歳の男性が挟まれ、胸部強打でまもなく死亡。被追突側トラックを運転していた愛知県名古屋市に在住する48歳の男性も打撲などの軽傷を負っている。

現場は片側2車線の直線区間。大型トラックの前を走っていた乗用車は、道路左側の弁当店駐車場に入ろうと減速。大型トラックも減速したが、この直後にトレーラーが追突してきたという。警察ではトレーラー側の漫然運転が事故の主因と推測している。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集