前照灯の相互承認協定規則を採用、省令等を改正

自動車 ビジネス 企業動向
国土交通省は22日、国連の車両等型式認定相互承認協定に基づき、新たに「前照灯(放電灯式)に係る協定規則」および「前照灯(電球式およびLEDモジュール式)に係る協定規則」を採用することなどを盛り込んだ道路運送車両の保安基準(省令)等の改正を行った。

また、「ドアラッチおよび扉保持構成部品に係る協定規則」など11規則が昨年11月に国連で改訂されたことをうけ、改訂内容を反映させた。さらに、基準適正化のため「前面(後面)衝突時燃料漏れ試験に係る基準」および「緊急制動表示灯の作動条件に係る基準」などを改正した。

施行日は21日からで、協定規則の新規採択については10月1日から施行する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 前照灯の安全性向上に向け 国連協定規則を採用…国交省 画像 前照灯の安全性向上に向け 国連協定規則を採用…国交省
  • 【メルセデスベンツ Eクラス 新型発表】ハイビームとロービームを連続可変 画像 【メルセデスベンツ Eクラス 新型発表】ハイビームとロービームを連続可変
  • 三菱 アウトランダー 次期型はランエボ顔 画像 三菱 アウトランダー 次期型はランエボ顔