インサイト VS プリウス 、ネット上でも比較が焦点に…ニールセン

自動車 ビジネス 企業動向

インサイト VS プリウス 、ネット上でも比較が焦点に…ニールセン
  • インサイト VS プリウス 、ネット上でも比較が焦点に…ニールセン
  • インサイト VS プリウス 、ネット上でも比較が焦点に…ニールセン
  • インサイト VS プリウス 、ネット上でも比較が焦点に…ニールセン
  • インサイト VS プリウス 、ネット上でも比較が焦点に…ニールセン
  • インサイト VS プリウス 、ネット上でも比較が焦点に…ニールセン
  • インサイト VS プリウス 、ネット上でも比較が焦点に…ニールセン
ニールセン・カンパニー合同会社は、米国でのハイブリッド車に関するインターネット上のBuzz動向の分析結果を発表した。

米国でのガソリン価格が昨年5月から約半額にまで値下がりするなか、引き続きオンライン上ではハイブリッド車に関する話題が活発に展開されており、特に3月に発売されたホンダの『インサイト』が関心を集めている。

パリやデトロイトで開催されたモーターショーで、ハイブリッド車に対する市場の関心を強く喚起した。特にホンダのインサイトや、トヨタの第3世代の『プリウス』の発売が市場の興味を引いていると分析。

米国では、商品やサービスに対する自分の思いや経験を表現するための媒体として、多くの人々が、“つぶやき”を投稿できる機能を持つ「Twitter」を活用している。それぞれのハイブリッド車についての書き込み数の割合をみると、これまでのところ、トヨタのプリウスやフォードの『フュージョン』に比べ、ホンダのインサイトに関してのコメントが非常に多く展開されている。

インサイトに関するコメントの多くがプリウスとの比較に言及されている。インサイトでは価格が魅力ポイントとして頻繁に言及されているが、新型プリウスについては、ソーラーパネルやプラグインなどの装備面が関心を集めている。

それぞれのモデルに関してのコメントを、肯定的な意見、否定的な意見、その両方を含んだ賛否両論の意見、中立的な意見に分けてみると、プリウスでは肯定的な意見と中立的な意見が8割を超えている一方で、インサイトでは7割程度にとどまっている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集