ロバート・ボッシュ、監査役会の人事異動

自動車 ビジネス 企業動向

ロバート・ボッシュと同社の議決権の93%を保有するロバート・ボッシュ工業信託合資会社は、監査役会のメンバーの交代を発表した。

3月31日付で、スウェーデンのパルプ・製紙グループ Stora社の元取締役会会長兼CEOのボー・ベルグレン氏が年齢上の理由でロバート・ボッシュ工業信託合資会社のリミテッド・パートナーを退任し、4月1日付でロバート・ボッシュ監査役会メンバーも退任した。ベルグレン氏は1997年からロバート・ボッシュ工業信託合資会社と監査役会のメンバーだった。
 
ベルグレンの後任には、ラース・G・ヨセフソン氏が4月1日付でロバート・ボッシュ工業信託合資会社リミテッド・パートナー、4月2日付でロバート・ボッシュ監査役会メンバーに就任した。
 
ヨセフソン氏は2000年からスウェーデンのVattenfall社の社長兼CEO を務めているほか、それ以前はエリクソン社で数々の要職を歴任した。
 
また、4月1日付でクリスティアン・ブルンクホルスト氏がロバート・ボッシュの監査役会メンバーに加わった。ブルンクホルスト氏はIGメタル役員会事業部門政策部局長で、自動車産業、自動車サプライヤー産業の調整を担当している。

前任のアリーネ・ホフマン氏はIGメタル内の人事異動に伴い、3月31日付でロバート・ボッシュの監査役会を退任した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集