伊藤忠エネクス、LPGローリー卸売事業を約31億円で売却

自動車 ビジネス 企業動向

伊藤忠エネクスは30日、液化石油ガス事業を統合新会社に移管するのに伴い、同社と子会社が営むローリー卸売事業のジャパンガスエナジーへの移管内容が確定した。

伊藤忠エネクスのローリー卸売り事業、ジャパンエナジー、日商LPガスの元売事業、卸売事業の統合に伴い、3社は新たに設立されるジャパンガスエナジーに事業を譲渡する。
 
このうち、伊藤忠エネクスはグループでのLPGのローリー車による卸売事業を移管する。移管する事業の前期の売上高は275億8500万円。
 
事業のジャパンガスエナジーへの売却価格は30億7700万円で4月30日に決済する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集