曙ブレーキの通期業績見通し、最終赤字160億円 構造改革で

自動車 ビジネス 企業動向

曙ブレーキ工業は、生産拠点を再編するための費用など、コスト構造改革による特別損失を計上、2009年3月期連結業績見通しを下方修正した。

同社は、日系自動車メーカーの減産が本格化する中で、受注量の急減で業績が悪化、今期は営業赤字に転落する見通し。来期以降の業績を回復させるため、国内生産拠点の再編や希望退職による人員適正化、本店ビル売却など、コスト構造改革を実施、この費用を特別損失に計上する。
 
このため、今期の連結業績見通しについて最終赤字を70億円から160億円に下方修正した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集