飲酒運転のクルマ、保育園の送迎車と正面衝突

自動車 社会 社会

21日朝、山形県高畠町内の町道を走行していた軽乗用車が道路右側に逸脱。対向してきた保育園の送迎用ワゴン車と正面衝突した。この事故でワゴン車に乗っていた幼児を含む4人が負傷。逸脱車を運転していた女性も重傷を負っている。

山形県警・南陽署によると、事故が起きたのは21日の午前8時5分ごろ。高畠町糠野目付近の町道を走行していた軽乗用車が道路右側に逸脱。対向してきた保育園の送迎用ワゴン車と正面衝突した。

双方のクルマは中破。ワゴン車には園児4人を含む6人が乗車していたが、運転していた51歳の男性と20歳代の女性保育士、女児2人が打撲などの軽傷。逸脱車を運転していた22歳の女性は腰の骨を折る重傷を負い、近くの病院に収容されている。

現場は車線区別のない幅員約5mの直線区間。逸脱車を運転していた女性は酒に酔った状態で、呼気からは酒気帯び相当量のアルコール分も検出されている。警察では女性の回復を待ち、自動車運転過失傷害や道路交通法違反(酒気帯び運転)容疑で事情を聞く方針だ。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品