路線バス運転手、運転中に突然死

自動車 社会 社会

19日朝、愛媛県今治市内の国道317号を走行中の路線バス車内で、45歳の男性運転手が意識を失う事故が発生。低速で滑走していたバスの車体を他車の運転者が人力で押し、路外に逸脱させて抑止した。バスには小中学生8人が乗車していたが、全員無事。運転手は収容先の病院で死亡が確認された。

愛媛県警・今治署によると、警察が事故発生を認知したのは19日の午前7時40分ごろ。今治市玉川町龍岡下付近の国道317号で、瀬戸内運輸が運行する路線バス(葛谷発/今治営業所行き)が低速で走行し、対向車線側に逸脱していくのを後続車の運転者数人が確認した。

バスには小中学生8人が乗車していたが、運転手は意識を失った状態で倒れており、小中学生が自力で車外に脱出するのも困難な状況だった。このため、後続車に乗っていた男性3人がバスの左側面を腕で押し、右側の路肩へバスを故意に逸脱させた。バスは路肩の斜面に乗り上げて停止。小中学生8人はこの男性らに保護されて無事だった。バスを運転していた45歳の男性は心肺停止の状態で近くの病院に収容されたが、まもなく死亡が確認されている。

現場は片側1車線。バスが最終的に停止した地点から約200m先はカーブと下り坂が連続しており、ここまで進行していれば大事故につながった可能性も高い。死亡した運転手には狭心症の既往歴があったことが後に判明しているが、バス会社はこれを把握していなかったという。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品