日本特殊陶業、減損損失で最終赤字710億円の見通し

自動車 ビジネス 企業動向

日本特殊陶業は、2009年3月期連結決算業績見通しの修正を発表した。

経営環境の著しい悪化を受け、固定資産の回収可能性を検討した結果、減損損失が発生する見込みとなった。減損損失330億円を特別損失に計上する。

このため、最終損益は126億円の赤字を予想していたが710億円の大幅赤字となる見通し。

売上高、営業利益、経常利益は前回予想を据え置いた。

期末の配当予想は、「未定」としていたが「無配」に修正した。前年同期の期末配当実績は1株当たり13円50銭だった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集