キムラユニティー組織改正、事業部制を廃止

自動車 ビジネス 企業動向

キムラユニティーは23日、業態にあわせた組織体制を構築し経営効率を高めるとともに戦略展開の迅速化を図ることを目的に、4月1日付で組織改正を実施すると発表した。

トータル・カーサービス事業本部は、事業部制を廃止する。営業1部、営業2部、営業3部の営業機能と車両部を統合し営業部に改称する。
 
首都圏を中心にカーマネジメントサービスを展開するため「カーマネジメント営業部」を新設する。営業2部、営業3部の整備部門とAPR部を統合し「サービス部」に改称する。TCS総括部とコンプライアンス部を統合し「TCS総括部」とする。
 
IS事業部は、情報サービス1部と情報サービス2部を統合し「情報サービス部」とする。
 
管理本部は、経営企画室と関連会社管理室を統合し「経営企画部」とする。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース