マツダ、廃車バンパーのリサイクル自動化技術を開発…世界初

自動車 ビジネス 企業動向

マツダ、廃車バンパーのリサイクル自動化技術を開発…世界初
  • マツダ、廃車バンパーのリサイクル自動化技術を開発…世界初
  • マツダ、廃車バンパーのリサイクル自動化技術を開発…世界初
マツダは23日、廃棄処分された使用済自動車のバンパーを新車用バンパーの樹脂材料としてリサイクルする工程技術を世界で初めて開発したと発表した。

この技術の確立で、これまでは難しいとされていた異なるメーカーの廃棄バンパーの同時処理や、金属類などの除去の自動化を実現、効率的にリサイクルすることができる、としている。
 
同社は、系列ディーラーから回収した自社製のバンパーから新車パンパーへのリサイクルを業界に先駆けて推進してきた。今回の技術は自動車メーカーや回収の経緯を問わず、あらゆるバンパーを対象とするのに加え、破砕から再生材製造に至るまでの一連の工程を自動化することが可能となる。
 
従来、使用済みバンパーを破砕する前には、目視と手作業による金属などの異物除去作業が必要で、リサイクルの効率化に向けた課題だった。この工程ではサタケと共同で、穀物用石抜機を活用することで振動と送風により破砕後のバンパーから金属を確実に除去する技術を確立、自動的に異物を除去する新しい効率的なプロセスを実現した。
 
また、自動車メーカーや製造年代の違いにより、バンパー用ポリプロピレン材の組成や塗膜との密着性が異なるため、従来の技術では同時に塗膜を除去することができなかった問題を解決、あらゆるメーカーや製造年代のものでも同時にはく離できる工程の実現に成功した。この工程ではゴムや樹脂など化学製品や食品加工などに利用されているニーダー混練機を活用し、破砕した固体状態のバンパー樹脂に強いせん断応力を加えることで、材料組成や塗膜の密着性に左右されない塗膜はく離技術を確立できたとしている。
 
マツダは今後、「バンパー to バンパー」をはじめとする先進的なリサイクル技術の開発を進めて環境に配慮した取り組みを強化する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集