初めて運転するクルマで暴走、72歳が死亡

自動車 社会 社会

15日、埼玉県飯能市内の民家敷地内で軽乗用車が暴走。道路を挟んで反対側にある河川敷に転落する事故が起きた。クルマは約8.5m下まで落ちて大破。運転していた72歳の男性が死亡している。

事故を起こしたクルマは死亡した男性の親族が所有するもので、男性はこのクルマを事故当日に初めて運転したという。警察は不慣れから運転操作を誤ったことが事故の主因と推測している。

埼玉県警・飯能署によると、事故が起きたのは15日の午前10時5分ごろ。飯能市笠縫付近の民家敷地内で、発進しようとしていた軽乗用車が突然加速。家の前の県道(片側1車線、幅員約6m)を横切り、道路を挟んで反対側を流れる入間川の河川敷に転落した。

クルマはフェンスを突き破り、約8.5m下まで落ちて大破。運転していた72歳の男性は近くの病院に収容されたが、全身を強打したことが原因でまもなく死亡している。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集