路上で酔い潰れた男性、はねられ死亡

自動車 社会 社会

15日未明、福島県郡山市内の市道で、酔い潰れて路上で寝込んでいた男性がクルマにはねられる事故が起きた。男性はまもなく死亡。警察では複数台にはねられた可能性もあるとして、調べを続けている。

福島県警・郡山署によると、事故が起きたのは15日の午前2時55分ごろ。郡山市字賀庄付近の市道で、路上に寝込んでいた男性が進行してきたクルマにはねられた。

男性は近くの病院に収容されたが、全身強打と出血性ショックが原因でまもなく死亡。その後の調べで、現場近くに住む44歳の男性と判明している。警察では事故を起こしたクルマを運転していた35歳の男性から自動車運転過失致死容疑で事情を聞いている。

現場は車線区別のない幅員約4mの直線区間。死亡した男性は酒に酔い潰れ、路上で寝込んでいたものとみられる。警察では複数台のクルマが事故に関与した疑いもあるとして、さらに調べを進めている。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品