【ジュネーブモーターショー09】タタのコンパクトカーに EV登場

自動車 ニューモデル モーターショー

【ジュネーブモーターショー09】タタのコンパクトカーに EV登場
  • 【ジュネーブモーターショー09】タタのコンパクトカーに EV登場
  • 【ジュネーブモーターショー09】タタのコンパクトカーに EV登場
  • 【ジュネーブモーターショー09】タタのコンパクトカーに EV登場
インド、タタモータースはジュネーブモーターショーで『インディカビスタ』の電気自動車、「インディカビスタEV」を発表した。

インディカビスタは2008年8月に発表。1998年にデビューしたタタ初の乗用車、初代『インディカ』の2代目モデルで、5ドアの小型ハッチバックである。インディカはインドで大ヒットし、累計生産台数は100万台を突破している。

そのインディカビスタをベースにしたEVは、ノルウェーのMiljo Grenland社と共同開発。同社はタタが70%出資する電子機器関連のエンジニアリング会社だ。インディカビスタEVには2次電池として、同社製のリチウムイオンバッテリーが搭載される。

実用性は十分で、0-96km/h加速は10秒以下、最大航続距離は約200kmを確保。4シーターの室内空間は、荷室も含めて犠牲にしていない。

タタはインディカビスタEVを、年内にまずノルウェーへ投入する計画。ノルウェーは充電設備などのインフラが整っているのがその理由だ。また、その後、インド国内でも発売する予定である。超低価格車のナノに続いて、今度は環境イメージをアピールする戦略だ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集