張り込み中の覆面パトカーの車体を傷つけ逮捕

自動車 社会 社会

7日未明、神奈川県横浜市南区内で、路肩で停車していた捜査車両(覆面パトカー)に対し、横を通り掛かった女が車体を石で引っかき、傷をつける事件が起きた。警察ではこの女を器物損壊の現行犯で逮捕している。

神奈川県警・南署によると、事件が起きたのは7日の午前0時35分ごろ。横浜市南区浦舟町2丁目の市道で、路肩に停車していた同署の覆面パトカーに対し、前方から女が接近。手に持っていた石で車体を傷つけた。

車内には捜査員2人がいたが、車体に傷つける音を確認。女をその場で取り押さえ、器物損壊の現行犯で逮捕した。車体には約2.8mに及ぶ引っかき傷がつけられていたという。

逮捕されたのは近くに住む43歳の女。逮捕当時は酒に酔った状態だった。逮捕直前に石を投げ捨てており、調べに対しては「知らない」などと容疑を否認している。この場に覆面パトカーが停車していた理由について警察は明言を避けているが、張り込みをしていたものとみられている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集