神戸発動機、旧長崎工場跡地の売却を取り止め

自動車 ビジネス 企業動向

神戸発動機は、旧長崎工場跡地を南栄開発に売却する契約を締結していたが、景気の急激な冷え込みなどから契約を解約することで合意したと発表した。

神戸発動機は、旧長崎工場の跡地売却の中止で、今期に予定していた固定資産売却益4億5000万円は計上しないとしている。引渡し時期が未定だったため、今期の業績見通しには織り込んでいなかった。

また、不動産売買契約解除解決和解金として1億円、土壌調査費用1500万円を特別損失として計上する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品