漫然横断で逸脱事故誘発の96歳に執行猶予判決

自動車 社会 社会

今年4月、茨城県取手市内の国道6号を漫然と横断した際、これを避けようとしたトラックが路外に逸脱させる事故を誘発し、運転者を死亡させたとして、重過失致死罪に問われた96歳の男に対する判決公判が3日、水戸地裁土浦支部で開かれた。裁判所は執行猶予月の有罪を命じている。

問題の事故は2008年4月7日早朝に発生した。取手市白山付近の国道6号を走行していた普通トラックが対向車線側に逸脱。そのまま道路右側にある事務所兼住宅に突っ込んで大破し、運転していた53歳の男性が死亡した。

トラックは民家に突っ込む直前、道路を横断しようとしていた自転車と接触。乗っていた95歳(当時)の男も軽傷を負ったが、後の調べでこの自転車は信号を無視して漫然と横断。トラックは衝突回避を試みた結果、路外に逸脱したことが判明したため、検察は重過失致死罪で起訴していた。

3日に開かれた判決公判で、水戸地裁土浦支部の伊藤茂夫裁判官は「事故は被告の信号無視による漫然横断が原因で発生した」と認定した。しかし、被害者側にも安全確認の怠りが生じていたことや、被告側から見た信号機の位置が誤認しやすい状態だったことを酌量。遺族も実刑を望んでいないため、裁判所は被告に対して禁固1年4か月(執行猶予3年)の有罪判決を言い渡している。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集