泥酔ホスト、クルマを運転している実感もなし

自動車 社会 社会

千葉県警は2日、千葉県千葉市花見川区内の京葉道路で、泥酔状態にかかわらず乗用車を運転したとして、18歳の少年を道路交通法違反(酒酔い運転)の現行犯で逮捕した。逮捕当時、少年は直立できないほど酔っていたという。

千葉県警・高速隊によると、逮捕された少年は2日の午前7時30分ごろ、千葉市花見川区幕張町付近の京葉道路下り線で、泥酔状態でありながら帰宅するために乗用車を運転した疑いがもたれている。

少年の運転するクルマは蛇行を繰り返した後、路肩へ斜めに突っ込む状態で停止。これを目撃した人から「変な挙動をしているクルマがいる」との通報が寄せられた。クルマはその後も本線へバックで戻ろうとするなど、危険な挙動を繰り返したという。当時は交通集中による渋滞が発生しており、他車両は低速(ノロノロ)状態で走行していたため、幸いにも他車両を巻き込む事故に発展することはなかった。

逮捕された少年は直立できないほどの泥酔状態。職業はホストと自称しており、勤務する店で大量の酒を飲んだとみられる。しかし、自分がクルマを運転していたことを含め、記憶が曖昧で、調べに対しては「どうして捕まったのかわからない」などと供述しているようだ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集