覆面パトカー、コンビニ駐車場内で女性に接触

自動車 社会 社会

2月25日朝、山梨県甲府市内のコンビニエンスストア駐車場で、場外へ向けてバックで進行していた山梨県警・本部捜査1課の捜査車両(覆面パトカー)が、後方に立っていた女性と接触する事故が起きた。女性は骨折などの重傷を負っている。

山梨県警・甲府署によると、事故が起きたのは2月25日の午前7時15分ごろ。甲府市上石田1丁目付近にあるコンビニエンスストア駐車場で、場外に向けてバックで進行していた県警本部・捜査1課の覆面パトカーと、右後方に位置していた原付バイクと接触した。

バイクは接触の弾みで転倒。運転していた48歳の女性が転倒したバイクに足を挟まれた。女性は事故を起こしたパトカーで近くの病院に収容されたが、骨折などの重傷。警察ではパトカーを運転していた捜査1課で係長職にある41歳の警部補から自動車運転過失傷害容疑で事情を聞いている。

事故を起こした警部補は張り込み捜査などを行っていたとみられ、現場のコンビニには食事の買い出しに訪れていたという。調べに対して警部補は「後方確認を怠ってしまった」などと話しているようだ。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品