ポルトガルからサーキット専用スポーツ登場

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ポルトガルからサーキット専用スポーツ登場
  • ポルトガルからサーキット専用スポーツ登場
  • ポルトガルからサーキット専用スポーツ登場
  • ポルトガルからサーキット専用スポーツ登場
  • ポルトガルからサーキット専用スポーツ登場
  • ポルトガルからサーキット専用スポーツ登場
  • ポルトガルからサーキット専用スポーツ登場
  • ポルトガルからサーキット専用スポーツ登場
  • ポルトガルからサーキット専用スポーツ登場
ポルトガルのLusoモーターズは26日、『LM23プロトタイプ』を公開した。キット状態で販売されるサーキット専用車で、エンジンは別売り。ホンダやスバル製ユニットが用意されるという。

Lusoモーターズは、Ernesto Freitas氏がポルトガルに設立したデザインエンジニアリング会社。LM23は1960年代前半に、わずか131台のみが生産されたロータス『23B』をモチーフに開発された。

見るからに速そうな2シーターのスピードスターは、スチールチューブフレーム製シャシーにカーボン&グラスファイバー製ボディの組み合わせで、車重は400kgと極めて軽い。ドライバーはバスタブに浸かるかのように、車体中央低くに着座する。

LM23は顧客が組み立てるキットで販売され、エンジンはオプションとなるが、シーケンシャル6速付きのホンダ『CBR1000』用1.0リットル直4(150ps)を用意。さらにスバルの2.0リットル水平対向4ターボなども設定するという。エンジンはミッドシップに置かれ、後輪を駆動する。

LM23の価格はボディ&シャシーのキット状態で1万5000ユーロ(約178万円)を予定。わずか400kgの軽量ボディにホンダの2輪エンジンとくれば、その走りがいかに刺激的か想像できる。早期の市販に期待がかかる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース