出会い頭衝突、小学生男児が車外放出で死亡

自動車 社会 社会

16日朝、福島県南相馬市内の市道で、交差点を進行していた軽乗用車と乗用車が出会い頭に衝突する事故が起きた。双方のクルマは中破。乗用車に同乗していた小学生の男児が車外に投げ出されて死亡。双方の運転者も軽傷を負っている。

福島県警・南相馬署によると、事故が起きたのは16日の午前7時20分ごろ。南相馬市鹿島区南右田付近の市道で、交差点を進行していた43歳男性の運転する乗用車と、25歳男性運転の軽乗用車が出会い頭に衝突した。

双方のクルマは中破。乗用車にシートベルト未着用の状態で同乗していたとみられる小学2年生の男児が車外に投げ出され、頭部強打でまもなく死亡。双方の運転者が顔面や胸部を打撲する軽傷を負い、近くの病院に収容されている。

現場は信号機の無い交差点。一時停止義務は軽乗用車側にあった。当時は弱い雨が降っており、視界は若干悪かったという。警察では双方の運転者から自動車運転過失致死傷容疑で事情を聞く方針だ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集