検問突破の少年、門柱に衝突

自動車 社会 社会

7日夜、大阪府大阪市西淀川区内で飲酒検問を突破して逃走した乗用車が路外に逸脱。道路沿いにある会社の門柱に衝突する事故が起きた。クルマは17歳の少年が運転しており、同乗者を含めて重傷を負っている。

大阪府警・西淀川署によると、事故が起きたのは7日の午後9時30分ごろ。大阪市西淀川区竹島付近の府道で、同署が飲酒検問を実施していたところ、1台の乗用車が停止指示を無視して逃走。待機していたパトカーがただちに追跡したが、クルマが速度を上げたためにまもなく見失った。

この直後、大阪市西淀川区竹島2丁目付近で乗用車が路外に逸脱し、会社の門柱に激突して大破する事故が発生。後の調べで、このクルマが逃走車と同一だったことが判明している。クルマを運転していたのは17歳の少年で鼻骨折などの重傷。同乗していた17歳の女子高校生は胸部骨折の重傷を負い、いずれも近くの病院に収容されている。

クルマは運転していた少年の母親が所有するもの。無断で乗り回していたとみられる。警察では少年が無免許運転の発覚を恐れて逃走したものともて、回復を待って自動車運転過失傷害や道路交通法違反容疑で調べる方針だ。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品