カルソニックカンセイ中間決算…営業増益 通期は下方修正

自動車 ビジネス 企業動向

カルソニックカンセイが発表した2008年9月中間期の連結決算は、営業利益が前年同期比70.5%増の20億5000万円となった。売上高は同8.2%増の4110億円。

北米での日産自動車の減産の影響はあったものの、国内の日産向けの販売が増加、利益についても売上げ増で営業増益となった。また、タイ現地法人の借り入れにかかる為替差損の影響があった。

経常利益は、4億2000万円と黒字に転換した。当期損益は17億6000万円の赤字だったが、前年同期と比べて赤字額が44億3000万円改善した。

通期業績見通しは、日産の減産の影響から下方修正した。売上高が同2.8%減の8100億円、営業利益が同40.2%減の85億円、経常利益が同51.0%減の50億円、当期純利益が同64.4%減の10億円と減収減益となる見通し。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集