日産ディーゼル、純正カスタムペイントの累計生産が2万台

自動車 ビジネス 企業動向

日産ディーゼル工業は、2002年2月からサービスを開始した「純正カスタムペイント」の生産台数が2万台を達成したと発表した。

純正カスタムペイントは、顧客個々のニーズに合わせ、工場で顧客が指定する色に塗装するカスタマイズサービス。

キャブ塗装のカラーリングやデザインは企業理念やCI(コーポレートアイデンティティー)を表現する「走る広告塔」で、経営戦略上の重要性は高く、他社との差別化という点からも注目を集めている。

これを同社が手掛ける純正カスタムペイント生産台数の2万台達成を記念して、10月30日、同社上尾工場で、生産台数2万台目の顧客となられたセンコーの社員を招待し、同社従業員1200が参加してセレモニーを行った。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集