NTN中間決算、軸受け好調ながら鋼材価格アップなどで増収減益

自動車 ビジネス 企業動向

NTNが発表した2008年9月中間期の連結決算は、売上高がSNR社を子会社化したこともあって前年同期比22.8%増の3206億0700万円となった。
 
自動車向けの軸受けは米国で低迷したものの、欧州や中国、日本が好調で大幅増収だったほか、精密機器商品も順調だった。等速ジョイントは中国で新規受注があったが、欧米の需要低迷の影響を受けて売上げはマイナスとなった。
 
損益では、営業利益が鋼材価格上昇や為替の影響で同18.7%減の197億1000万円、経常利益が同8.2%減の195億6800万円と減益だった。
 
当期純利益は投資有価証券評価損や事業再編費用を計上、同34.9%減の85億3500万円となった。
 
通期業績見通しは売上高が同10.1%増の5880億円、営業利益が同36.5%減の315億円、経常利益が同34.1%減の285億円、当期純利益が同49.0%減の140億円と増収減益となる見通し。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集