違反車両追跡のパトカー、バイクと接触

自動車 社会 社会

10月27日午後、神奈川県横浜市中区内の市道で、交通違反車両を追跡しようとしていたパトカーと、交差道路を走行してきたバイクが出会い頭に接触する事故が起きた。この事故でバイクが転倒し、運転していた男性が軽傷を負っている。

神奈川県警・伊勢佐木署によると、事故が起きたのは10月27日の午後0時30分ごろ。横浜市中区花咲町2丁目付近の市道をパトロールしていた同署・地域課のパトカーに乗務していた署員が、クルマを運転中に携帯電話を使用している運転者を発見。ただちに追跡を開始した。

パトカーは赤信号状態だった前方の交差点に進入したが、直後に右方向から進行してきたバイクと接触。バイクは転倒し、運転していた71歳の男性が足を打撲する軽傷を負っている。違反車両は混乱に乗じ、そのまま逃走している。

警察ではパトカーを運転していた29歳の巡査長から自動車運転過失傷害容疑で事情を聞いている。パトカーは赤色灯とサイレンを使用していたが、交差点進入直前の安全確認に怠りがあったものと推測している。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集