【大橋シールドマシン到達】上下に並ぶトンネル断面を見る

自動車 ビジネス 企業動向

首都高速道路は23日、首都高速中央環状線新宿線の大橋ジャンクション付近地下を掘り進めてきた「大橋シールドマシン」の到達状況を報道公開した。約430mのトンネルをUターンするかたちで2本掘り、出発地点に戻ってきた。

大橋JCTは、国道246号上を通過する高速3号渋谷線と、中央環状新宿線(2009年完成予定)と中央環状品川線(13年完成予定)とを接続するループ状のジャンクションで、高架を走る渋谷線と地下を通り抜ける中央環状線とを結ぶために大規模な工事が進行している。

大橋シールドマシンは、中央環状線新宿側と大橋ジャンクション地下部分とを結ぶ約430mのトンネルを掘り進める機械。まず松見坂立杭をスタートして内回り線新宿側から渋谷線方面を掘り進み、大橋ジャンクション地下部分で折り返し、往路の下方を外回り線まで掘り進む。シールドマシンをUターンさせるという工程は世界初で、所要期間は1年半あまり。

今回首都高は、このシールドマシンがスタート地点の直下に戻ってきたシーンを公開したわけで、完成間近の内回りトンネルと到達直後のシールドトンネルが上下に並ぶ姿を見ることができた。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集