パイオニア、中間配当を見送り

自動車 ビジネス 企業動向
パイオニアは5日開催の取締役会で、2009年3月期の中間配当を無配とすることを決議した。

同社は、配当政策を経営の最重要課題の一つと認識、安定的な配当の維持継続を念頭に、財務状況、連結業績などから配当金額を決定している。

今期は、同社を取り巻く経営環境が依然として厳しく、現在取り組んでいるディスプレイ事業の構造改革、ホームエレクトロニクス事業の損益改善のための費用の計上などで、連結業績は最終赤字を計上する見込み。

このため、中間配当は見送る。前年は中間配当5円を実施した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 【IFA 08】ソニーとビクターは元気 画像 【IFA 08】ソニーとビクターは元気
  • ホンダ、第1四半期配当を22円に決定 画像 ホンダ、第1四半期配当を22円に決定
  • 三井ハイテック、業績不振で減配へ 画像 三井ハイテック、業績不振で減配へ
  • 共和工業所、期末配当を増配へ 画像 共和工業所、期末配当を増配へ

特集