日本電産、滋賀技術開発センターに新棟を建設

自動車 ビジネス 企業動向

日本電産は、滋賀技術開発センター内に新棟を建設すると発表した。8月29日に着工、2009年7月末に竣工する予定。既存棟の大幅改修工事も同時に行い、トータルで職場環境を一新する予定。

滋賀技術開発センターは、同社最大の研究開発拠点で、主にIT用、OA用の精密小型モータ、FAN用モータや車載用モータの研究・開発を手がけている。

同社は車載用モータ分野で2012年度に売上高3500億円を目標に掲げており、車載用モータメーカー世界ナンバー・ワンに向け研究開発体制を強化・拡大する必要がある。また、市場要求の高度化、増大化に対応するには、現在の施設では手狭となってきていることや、高いレベルで開発環境を維持するには、各部門のオフィスを1つの建物に集約し、部門間でのコミュニケーションを強化する必要があることから新棟の建設を決めたとしている。

新棟は地上7階建てで、延床面積は1万9000平方m。投資額は約100億円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集