カーブを曲がり切れないバイク、側溝に転落

自動車 社会 社会

23日夜、福島県会津若松市内の市道を走行していたバイクが路外に逸脱。道路左側の側溝に転落する事故が起きた。運転していた18歳の男性は路上に投げ出され、まもなく死亡している。

福島県警・会津若松署によると、事故が起きたのは23日の午後9時20分ごろ。会津若松市神指町上神指付近の市道を走行していた18歳男性の運転するバイクが路外に逸脱。道路左側の側溝(深さ約60cm)に転落した。

運転していた男性は転落の弾みで路上に投げ出され、全身を強打。近くの病院に収容されたが、脳挫傷などが原因ですでに死亡していることが確認された。

現場は車線区別のない道路。バイクは右カーブを曲がり切れずに転落しており、警察では速度超過などが事故の主因と推測している。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集