トラックが分離帯激突、運転者が意識不明

23日未明、愛知県名古屋市中区内の国道19号を走行中の普通トラックが路外に逸脱。中央分離帯に激突する事故が起きた。トラックの運転席部分は大破。運転していた51歳の男性が意識不明の重体となっている。

自動車 社会 社会
23日、愛知県名古屋市内の国道を走行中の普通トラックが路外に逸脱。中央分離帯に激突する事故が起きた。トラックの運転席部分は大破。運転していた男性が意識不明の重体となっている。

愛知県警・中署によると、事故が起きたのは23日の午前2時40分ごろ。名古屋市中区丸の内1丁目付近の国道19号を走行していた普通トラックが路外に逸脱、中央分離帯に激突した。

トラックは運転席部分が大破。運転していた51歳の男性は頭部を強打。近くの病院に収容されたが、意識不明の重体となっている。

現場は片側4-5車線の直線区間で、見通しは良い。警察では漫然運転などが事故の主因と推測している。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集